【雑学】シェラザードの数(1001で割ると面白い答になる!)│林先生が驚く初耳学

林先生が驚く初耳学

3桁の数を2つ重ねて、それを1001で割ると、その3桁の数字になるという法則(シェラザード(シャハラザード)の数)について御紹介します。

なお、この不思議な法則は仕組みは非常に簡単ですので、その理由がわかれば必ず誰にか教えたくなりますよ!

スポンサーリンク

シェラザードの数

シェラザードの数とは?

シェラザードの数とは、3桁の数を2つ重ねて、それを1001で割ると、その3桁の数字になるという法則のことを言います。

具体例

林先生が驚く初耳学で出演されていた、みちょぱさんに3桁の数字を言ってもらいました。

それが「328」でした。

「328=みちょぱ」だからだそうです(笑)

こちらの、328を2つ重ねた数字は「328328」ですね?

この「328328」を1001で割ると。。。

あら不思議、元の3桁の数字である「328」になります。

どんな3桁の数字でも良いの?

ここで疑問に思うのは、「どんな3桁の数字でも良いのか」ですよね?

はい。どんな数字でも御紹介した不思議な結果となります。

例えば、123にしましょう。

123123÷1001=123

このように、どんな数字でも3桁の数を2つ重ねて、それを1001で割ると、その3桁の数字になります。

続いて、この不思議な法則の解説にうつります。

この法則の仕組みは、非常に簡単なので、知れば誰かに話したくなりますよ!

スポンサーリンク

解説

御紹介済みの通り、「3桁の数を2つ重ねて、それを1001で割ると、その3桁の数字になる」という不思議な法則の理由を知りたいですよね?

実は仕組みがわかれば簡単です。

6÷3=2

上のような単純な割り算があります。

上の式を以下のように変更しても同じですよね?

6=3×2

では、上のことを前提に、先程の328の数字に戻ります。

みちょぱさんの好きな数字「328」の計算結果は、以下の通りでした。

328328÷1001=328

こちらを掛け算に変更します。

328328=328×1001

そして、こちらを以下の式に変更しても同じですよね?(分配法則といいます)

328328=328(1000+1)

感の良い方は、もうわかったかもしれません。

そうです。

328(1000+1)=32800+328

となるため、どんな3桁の数字であっても2回繰り返したを1001で割れば、必ず元の3桁の数字になるんですね!

では、最後に「シェラザードの数」の語源について御説明します。

スポンサーリンク

【雑学】「シェラザードの数」の語源

シェヘラザード(シャハラザード)という人がいたのですが、その人が「千夜一夜物語(アラビアンナイト)」の登場人物で、また、語り手でもあったことから、その語源がきているそうです。
参照元:シェヘラザードの数 | 綱島教室 | 個別指導塾の城南コベッツ

タイトルとURLをコピーしました