【2018年】東京都美術館のムンク展情報(開催期間・営業時間)・「ムンクの叫び」の雑学のまとめ

おすすめ情報

2018年東京都美術館で開催される「ムンク展」の情報(開催期間・休室日・開室時間・夜間開室・障害のある方のための特別鑑賞会・ホームページ)と、ムンクの代表作成である「ムンクの叫び」の雑学(「実は叫んでいない」「叫びは4部作」「大量生産された」「鳥のフンがついている?」等)をまとめました。

スポンサーリンク
  1. 東京都美術館のムンク展情報
    1. 開催期間
    2. 休室日
    3. 開室時間
    4. 夜間開室
    5. チケット情報
      1. 前売券
      2. 当日券
      3. 無料
      4. 【枚数限定チケット】プレミアムナイト鑑賞券~冬の星月夜~
      5. デニーズスイーツセット券
      6. 【枚数限定チケット】「ヨッシースタンプ」《叫び》ブランケットセット券
      7. タイアップセット券 ムンク展×上野のれん会
    6. 障害のある方のための特別鑑賞会(事前申込制)
      1. 日時
      2. 対象
      3. 申込期間
      4. 詳細ホームページ
    7. スペシャルイベント
      1. 【ムンク展開催記念企画】ニュウ・ムンク
      2. こどものための鑑賞会
      3. ARTmeetsMUSIC 展覧会も!音楽会も!楽しむスペシャル企画
    8. スペシャル記事
      1. スペシャルサポーターに黒柳徹子さんが就任!!
      2. イケボさけびクン
      3. 【特別番組】高田純次の『じゅん散歩』初の海外散歩へ! ムンクの故郷オスロ散歩!!
      4. DRAW! SCREAM ーあなたの「叫び」を描こうー
    9. 期間限定のムンク展のホームページ
      1. 作品ギャラリー
      2. 公式ホームページ
      3. 公式Twitter
  2. ムンクの叫びの雑学
    1. Wikipediaによる「ムンクの叫び」の説明
    2. ムンクの「叫び」 幻想的な真珠母雲に着想か、研究
    3. いくつ知ってた?ムンクの名作『叫び』に関しての面白い13の雑学
    4. 叫びで有名なムンクは実はモテ男だった! 意外なイケメン伝説とは?
    5. 長年のミステリーが解明!ムンクの『叫び』についているシミは、鳥のフン?
    6. ムンクは叫んでいない
    7. 【緊急警告】バリ「アグン山」の噴火は世界の空を“不気味な色”に変えるかもしれない! 地震学の世界的権威に直撃取材!
  3. ムンク関連記事
    1. 「ムンク展」がポケモンとコラボ、“叫び”ポーズのピカチュウ限定グッズ – ビームスや湖池屋の限定品も
    2. ムンク展開催記念特別企画「ニュウ・ムンク展」開催!ムンクの世界観に共鳴したクリエイターたちによる新しいスタイルのエキシビション
    3. ムンクの「叫び」をモチーフにしたポケモンカードが登場!あざと可愛いピカチュウやガチなコダックなど全5種類
    4. なぜムンクは「叫び」を描いたのか?
    5. ムンク展の目玉は初来日の『叫び』、目玉が唯一ないバージョン
    6. ムンクの『叫び』にそっくりな矢部太郎も注目の『ムンク展』
    7. 高田純次『じゅん散歩』初海外!ムンク名画を前に“テキトー節”さく裂
    8. 声優・福山潤インタビュー これまでにない仕上がりの『ムンク展』音声ガイド、収録を通して感じた人生観とは?
    9. 「ムンク展―共鳴する魂の叫び」とソニーがコラボ“名画×ヘッドホン”
    10. ムンクの「叫び」など100点来日 秋に上野で大回顧展
    11. ムンクの「叫び」、上野で会える 来年秋に回顧展
    12. 名画だって動くんです。ムンクの叫びが可動式フィギュアになって予約販売開始!
    13. 美術芸人が指摘した「豊田氏の暴言を象徴する名画」とは
    14. ユーモアあふれるペンギンと名画 長崎ペンギン美術館
    15. 『教えてもらう前と後』 「知る喜び」が視聴者を刺激
    16. ムンクが描いた貴重な肖像画を公開、ゴッホ美術館
    17. ムンクの「叫び」、菓子になる 「キモかわいい」と人気

東京都美術館のムンク展情報

開催期間

2018年10月27日(土)~2019年1月20日(日)

スポンサーリンク

休室日

月曜日、12月25日(火)、1月1日(火)、15日(火)
※11月26日(月)、12月10日(月)、24日(月・祝)、1月14日(月・祝)は開室

開室時間

9:30~17:30
※入室は閉室の30分前まで

夜間開室

金曜日は9:30~20:00
※入室は閉室の30分前まで

チケット情報

前売券

一般:1,400円
大学生・専門学校生:1,100円
高校生:600円
65歳以上:800円

販売期間
2018/7/21(土)~10/26(金)

当日券

一般:1,600円
大学生・専門学校生:1,300円
高校生:800円
65歳以上:1,000円

販売期間
2018/10/27(土)~2019/1/20(日)

無料

・中学生以下
・12月は高校生が無料
・身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料

【枚数限定チケット】プレミアムナイト鑑賞券~冬の星月夜~

一般の観覧時間後、夜間に人数限定でムンク展を特別に鑑賞できる「プレミアムナイト鑑賞会」のチケットです。

講堂にて学芸員によるミニレクチャー(約15分)もお楽しみいただけます。

公式図録、音声ガイドに加え、ここだけで手に入る記念グッズもセットになっています。

開催日程
11/8(木)
11/26(月)
12/11(火)

実施時間
18:00~20:30(最終入場20:00)

参加人数
各日650名

販売時期
2018年7月21日(土)10:00 ~各開催日の前日まで販売。
なくなり次第終了。

価格
4,800円(税込)

プレミアムナイト鑑賞券~冬の星月夜~ | 【公式】ムンク展ー共鳴する魂の叫び

デニーズスイーツセット券

デニーズのスイーツがセットになったお得な前売鑑賞券です。

展覧会の後は、スイーツを楽しみながらムンク作品の鑑賞体験を振り返ってみてはいかがでしょうか。

販売時期
2018年7月21日(土)~2019年1月20日(日)

価格
1,600円(税込)
※当日券期間(2018年10月27日(土)~2019年1月20日(日))は上記料金表の料金にそれぞれ+200円

購入場所
セブンチケット(セブンコード067‐467)

デニーズスイーツセット券 | 【公式】ムンク展ー共鳴する魂の叫び

【枚数限定チケット】「ヨッシースタンプ」《叫び》ブランケットセット券

SNSなどで人気のクリエイター「ヨッシースタンプ」とのコラボが実現しました。

今回のために描きおろされたキュートな《叫び》がブランケットに!この機会をお見逃しなく!

販売時期
2018年7月21日(土)~2019年1月20日(日)
※ただし、なくなり次第終了。

価格
一般:2,400 円
大学生・専門学校生:2,100 円
高校生:1,600 円
65歳以上:1,800 円

購入場所
https://munch2018.jp/yosistamp-blanket/

タイアップセット券 ムンク展×上野のれん会

上野周辺の飲食店約100店が集う「上野のれん会」の加盟店から厳選した店舗の食事券などがついたお得なセット券です

販売時期
2018年8月4日(土)10:00 ~2019年1月20日(日)15:00

価格
2,000~3,000円(税込)

購入場所
セブンチケット(セブンコード067-807)

タイアップセット券 ムンク展×上野のれん会 | 【公式】ムンク展ー共鳴する魂の叫び
スポンサーリンク

障害のある方のための特別鑑賞会(事前申込制)

障害のある方が安心して鑑賞できるように休室日に鑑賞会を開催

日時

2018年11月12日(月) 10:00~16:00

対象

身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳などをお持ちの方

各回350名とその介助者(1名まで)

申込期間

2018年8月27日(月)~2018年9月24日(月・休)

詳細ホームページ

障害のある方のための特別鑑賞会|東京都美術館

スペシャルイベント

【ムンク展開催記念企画】ニュウ・ムンク

東京都美術館のムンク展(【ムンク展開催記念企画】ニュウ・ムンク)

ムンクの世界観に共鳴した現代のクリエーターたちによる展覧会。

音、映像、イラストなど様々な手法で思いを表現します。

開催日時
2018年11月2日02018年11月18日

会場
パルコミュージアム(池袋パルコ・本館7F)

【ムンク展開催記念企画】ニュウ・ムンク | 【公式】ムンク展ー共鳴する魂の叫び

こどものための鑑賞会

東京都美術館のムンク展(こどものための鑑賞会)

休室日にこどものための特別鑑賞会を開催!

本物の作品をじっくり見てみよう!

開催日時
2018年12月25日(火)※休館日
9:30~16:00(15:30最終入場)

中学生以下のこどもとその保護者(こども1名につき高校生以上の保護者2名まで)対象。

中学生以下は無料、保護者は本展の観覧券(招待券・前売券も可、半券不可)が必要(高校生は12月無料)。

こどものための鑑賞会 | 【公式】ムンク展ー共鳴する魂の叫び

ARTmeetsMUSIC 展覧会も!音楽会も!楽しむスペシャル企画

東京都美術館のムンク展(ARTmeetsMUSIC 展覧会も!音楽会も!楽しむスペシャル企画)

東京都美術館×東京文化会館×東京都交響楽団が連携し、展覧会にちなんだコンサートを開催します。

ノルウェーに関連した楽曲をお楽しみください。

開催日時
2018年11月26日(月)
11:00開演(12:00終演予定/10:30開場)

会場
東京文化会館 小ホール

料金
無料(入場整理券が必要です)

ARTmeetsMUSIC 展覧会も!音楽会も!楽しむスペシャル企画 | 【公式】ムンク展ー共鳴する魂の叫び

スペシャル記事

スペシャルサポーターに黒柳徹子さんが就任!!

「ムンク展―共鳴する魂の叫び」の展覧会スペシャルサポーターに黒柳徹子さんが就任いたしました。《叫び》をはじめ作品やムンクの魅力をお伝えするPR 動画を公開中!

【ムンク展】黒柳徹子、叫ぶ【サポーターの部屋】
スペシャルサポーターに黒柳徹子さんが就任!! | 【公式】ムンク展ー共鳴する魂の叫び

イケボさけびクン

ここでしか見られない「撮りおろしの福山潤」をお届け!ムンク展だけのお楽しみです。

【ムンク展】さけびクンの自己紹介【福山潤】
イケボさけびクン【隔週更新】 | 【公式】ムンク展ー共鳴する魂の叫び

【特別番組】高田純次の『じゅん散歩』初の海外散歩へ! ムンクの故郷オスロ散歩!!

【放送日時】2018年10月31日(水)~11月2日(金)午前9:55~10:25

本展で初来日するオスロ市立ムンク美術館所蔵の《叫び》をはじめ、ムンクゆかりの地をめぐり、名画に隠されたドラマをたどっていきます。

【ムンク展】初の海外進出で「叫び」と対面!【じゅん散歩】
【特別番組】高田純次の『じゅん散歩』初の海外散歩へ! ムンクの故郷オスロ散歩!! | 【公式】ムンク展ー共鳴する魂の叫び

DRAW! SCREAM ーあなたの「叫び」を描こうー

ムンク展開催を記念し、あなただけの「叫び」を描けるコンテンツが登場。

誰もがきっとどこかで見たことがある名画、「叫び」。

さあ、記憶を頼りに遊び心を付け加えて挑戦しよう!

ムンク展 / DRAW! SCREAM
ムンクの「叫び」来日記念。あなただけの「叫び」を描けるコンテンツが登場!あなたの絵が東京都美術館に飾られるかも!?今なら描いた人にプレゼントも当たる!たくさんの傑作が飾られた、みんなの「叫び」ギャラリーにも注目!

期間限定のムンク展のホームページ

作品ギャラリー

展示作品 | 【公式】ムンク展ー共鳴する魂の叫び

公式ホームページ

【公式】ムンク展ー共鳴する魂の叫び

公式Twitter

さけびクン@ムンク展 (@munch2018)さんはTwitterを利用しています
スポンサーリンク

ムンクの叫びの雑学

Wikipediaによる「ムンクの叫び」の説明

『叫び』(さけび、ノルウェー語: Skrik、英語: The Scream)は、ノルウェーの画家のエドヴァルド・ムンクが1893年に制作したムンクの代名詞とも言える油彩絵画作品。ムンクは同年と1895年にパステル、1895年にリトグラフ、1910年にテンペラで同じ題名、同じ構図による作品を描いており、全5点の『叫び』が存在している。

幼少期に母親を亡くし思春期に姉の死を迎えるなど病気や死と直面せざるを得なかった1890年代のムンクが、「愛」と「死」とそれらがもたらす「不安」をテーマとして制作し、「フリーズ・オブ・ライフ(生命のフリーズ)」と称した作品群のうちの一作であり、『叫び』はその中でも最も有名な作品である。

極度にデフォルメされた独特のタッチで描かれた人物、血のように赤く染まったフィヨルドの夕景と不気味な形、赤い空に対比した暗い背景、遠近法を強調した秀逸な構図の作品であるが、この絵は、ムンクが感じた幻覚に基づいており、ムンクは日記にそのときの体験を次のように記している。

「叫び」はこの絵で描かれている人物が発しているのではなく、「自然を貫く果てしない叫び」に怖れおののいて耳を塞いでいる姿を描いたものである。

参照元:叫び (エドヴァルド・ムンク)│Wikipedia

スポンサーリンク

ムンクの「叫び」 幻想的な真珠母雲に着想か、研究

ノルウェー出身の画家、エドバルト・ムンク(Edvard Munch)の代表作「叫び(The Scream)」で描かれたサイケデリックな雲をめぐってはこれまで、精神的苦痛の隠喩、あるいは火山噴火の描写などと解釈されてきた──。

しかし、新たにに発表された仮説によると、実際には、低温の高高度で形成されるめずらしい雲から着想を得た可能性があるという。

ムンクの「叫び」 幻想的な真珠母雲に着想か、研究
【4月25日 AFP】ノルウェー出身の画家、エドバルト・ムンク(Edvard Munch)の代表作「叫び(The Scream)」で描かれたサイケデリックな雲をめぐってはこれまで、精神的苦痛の隠喩、あるいは火山噴火の描写などと解釈されてきた──。
スポンサーリンク

いくつ知ってた?ムンクの名作『叫び』に関しての面白い13の雑学

誰もが目にしたことであるこの絵。コラージュやパロティのネタともなっているこの絵は、ノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクの『スクリーム(叫び)』である。

その名作に関しての面白い雑学が13ほど紹介されていたので見ていくことにしよう。これであなたもムンク通だ。

・『叫び』は4部作
・ムンクはこの絵を大量生産した。
・もともとタイトルは『叫び』ではなかった。
・自殺について描かれたものという説。
・叫んでいる人のモデルはペルー人ミイラという説。
・ウェス・クレイヴン監督作『スクリーム』はムンクの叫びにインスパイア
・『ドクター・フー』にも影響を与えた。
・『叫び』が最初に盗難にあったとき、犯人はあざ笑うようなメモを残した。
・2004年には武装したガンマンが絵を盗んだ。
・200万個のM&Mが絵の奪還の報酬として提供された
・再び『叫び』が盗まれるかどうか、賭けが始まった。
・わたしたちは科学的に『叫び』のように反応するようになっているという説。
・『叫び』はパブリックドメイン(公有財産)

いくつ知ってた?ムンクの名作『叫び』に関しての面白い13の雑学 : カラパイア
 誰もが目にしたことであるこの絵。コラージュやパロティのネタともなっているこの絵は、ノルウェーの画家エドヴァルド・ムンクの『スクリーム(叫び)』である。 その名作に関しての面白い雑学が13ほど紹介されていたので見ていくことにしよう。これであなたもムンク通

叫びで有名なムンクは実はモテ男だった! 意外なイケメン伝説とは?

絵画にはまったく興味のない人でも知っているであろう、ムンクの「叫び」です。

ムンクはノルウェー出身の世界的に有名な画家ですが、彼や作品には知られざるエピソードが多々あるとか。そんなムンクのトリビア3選を紹介します。

・イケメンだったムンクがストーカーの被害に!?
・ムンクと犬猿の仲だった彫刻家のヴィーゲラン
・ムンクの「叫び」は、実は叫んでいない

叫びで有名なムンクは実はモテ男だった! 意外なイケメン伝説とは? - Peachy(ピーチィ) - ライブドアニュース
絵画にはまったく興味のない人でも知っているであろう、ムンクの「叫び」です。ムンクはノルウェー出身の世界的に有名な画家ですが、彼や作品には知られざるエピソードが多々あるとか。そんなムンクのトリビア3選を

長年のミステリーが解明!ムンクの『叫び』についているシミは、鳥のフン?

ノルウェーを代表する画家エドヴァルド・ムンクの代表作『叫び』。ムンク美術館や国立美術館にある複数の『叫び』を鑑賞するために、世界中からの観光客が首都オスロを訪れる。

この作品には、さまざまなエピソードがあり、アート好きの間では雑学として親しまれている。例えば、絵画の中央にいる人物は、自身が叫んでいるようにみえるが、実は、「自然をつらぬくような叫び」におののいて、耳をふさいでいる。

ここ数年、専門家の間で話題となっていた大きなミステリーが、国立美術館で展示されている1893年の油彩『叫び』には、「鳥のフンがついているのか?」ということだった。

長年のミステリーが解明!ムンクの『叫び』についているシミは、鳥のフン?(鐙麻樹) - Yahoo!ニュース
ノルウェーを代表する絵画『叫び』。中央にいる人物の左肩にある「白いシミ」は、「鳥のフンか?」ということが専門家の間では話題となっていた。その謎が、やっと解明した。

ムンクは叫んでいない

『叫び』とは自然の叫びのことで、描かれている人はこの自然の叫びが聞こえないように耳を塞いでいるだけなのです。

夕暮れ時に突如聴こえてきた、幻聴・幻覚に恐怖した人物が恐怖を感じ耳に手をあて、必死に不安と戦っている様子なのだとか。

ちなみに、作品名を『ムンクの叫び』と覚えている人もいますが、ムンクの描いた『叫び』という作品です。

ムンクは叫んでいない
ノルウェーの画家であるエドヴァルド・ムンクが1893年に発表した『叫び』。人が何かに恐怖し叫んでいるように見えますが、実は叫んでいるのではありません。 ムンクは叫び声に耳を塞いでいた 『叫び』とは自然の叫びのことで、描かれている人はこの自然の叫びが聞こえないように耳を塞いでいるだけなのです。 夕暮れ時に突如聴こえてきた...

【緊急警告】バリ「アグン山」の噴火は世界の空を“不気味な色”に変えるかもしれない! 地震学の世界的権威に直撃取材!

有名なムンクの『叫び』という絵がありますが、ムンクが絵を描いたのは、インドネシアの火山が噴火したからだという説もあるほどです。

火山灰が遙かノルウェーまで到達した結果、空は何ヶ月も血のように赤く染まった。

『叫び』の背景の空が真っ赤なのは、そのためではないかというのです

【緊急警告】バリ「アグン山」の噴火は世界の空を“不気味な色”に変えるかもしれない! 地震学の世界的権威に直撃取材!
 インドネシアのバリ島北東部にある活火山アグン山(3014m)が前回の噴火から約半世紀ぶりに噴火した。前回は1963~64年で世界最大規模の噴火となり、火砕流と火砕泥流で1148人の死者をだした。噴出したマグマの量は、富士山の宝永噴火(1…

ムンク関連記事

「ムンク展」がポケモンとコラボ、“叫び”ポーズのピカチュウ限定グッズ – ビームスや湖池屋の限定品も

「ムンク展―共鳴する魂の叫び」とポケモン、ビームス(BEAMS)、湖池屋、ルピシアがコラボレーション。

2018年10月27日(土)から2019年1月20日(日)まで会場にて発売。

また、各商品ごとにそれぞれ他取り扱い店舗でも販売する。

https://www.fashion-press.net/news/43905

ムンク展開催記念特別企画「ニュウ・ムンク展」開催!ムンクの世界観に共鳴したクリエイターたちによる新しいスタイルのエキシビション

10月27日(土)から東京都美術館にて開催される「ムンク展—共鳴する魂の叫び」。

世界で最もよく知られる名画の一つ<叫び>を描いた西洋近代絵画の巨匠、エドヴァルド・ムンク(1863-1944)の傑作約100点を紹介する大回顧展となっています。

今回、その開催を記念し、ムンクの世界観に共鳴した現代のクリエイターたちによる展覧会を実施いたします。

参加するアーティストは青葉市子、白根ゆたんぽ、テニスコーツ、JUN OSON、小林うてな など国内外のカルチャーシーンで存在感を放つ22名が決定。

音楽、映像、イラストレーションなど様々な手法でムンクにインスパイアされた思いを表現します。

ムンク展開催記念特別企画「ニュウ・ムンク展」開催!ムンクの世界観に共鳴したクリエイターたちによる新しいスタイルのエキシビション
株式会社パルコ「ニュウ・ムンク展」株式会社パルコ(本社:東京都渋谷区 代表執行役社長:牧山浩三)は、2018年11月2日(金)から)池袋パルコ本館7階「PARC…

ムンクの「叫び」をモチーフにしたポケモンカードが登場!あざと可愛いピカチュウやガチなコダックなど全5種類

ポケモン情報局の公式Twitterアカウントは、10月27日~1月20日に東京都美術館で開催される「ムンク展―共鳴する魂の叫び」とポケモンカードがコラボすることを明かしています。

今回のコラボを記念して、ムンクの「叫び」をモチーフにしたイラストのプロモカード全5種類(ピカチュウ・イーブイ・コダック・ミミッキュ・モクロー)の配布が決定!

さらに、ムンクの「叫び」をモチーフにしたイラストの各種グッズも東京都美術館、ポケモンセンターオンライン他にて販売予定です。

ムンクの「叫び」をモチーフにしたポケモンカードが登場!あざと可愛いピカチュウやガチなコダックなど全5種類 | インサイド
ポケモン情報局のTwitterアカウントは、10月27日~1月20日に東京都美術館で開催される「ムンク展―共鳴する魂の叫び」とポケモンカードがコラボすることを明かしています。

なぜムンクは「叫び」を描いたのか?

数ある名画の中でも、もっとも有名な作品のひとつがエドヴァルド・ムンクの「叫び」だ。

日本でも知らない人はほとんどいないほど人気の高い「叫び」だが、この秋、ムンクの故郷であるノルウェーのオスロ市立ムンク美術館に所蔵されているテンペラ・油彩画の「叫び」が、待望の初来日となる。

東京・上野で開催される「ムンク展―共鳴する魂の叫び」(2018年10月27日~2019年1月20日)では、「叫び」をはじめとする約60点の油彩画に、版画などを加えた約100点の作品が展示される。

なぜムンクは「叫び」を描いたのか?
コラボ広告で知った「静寂」という名の「贅沢」

ムンク展の目玉は初来日の『叫び』、目玉が唯一ないバージョン

今回の『ムンク展』は、初期の代表作から晩年の名作まで約100点が揃い、画家の生涯を辿りながら鑑賞できる。アート鑑賞ナビゲーターの藤田令伊さんは、彼の気持ちを追体験してほしいと語る。

「私は初期のムンクに強く魅かれますが、彼が描くのは“弱者の芸術”。家族の死、恋人との別れなどを通じて、恐怖、不安、憂鬱、嫉妬など、本当は隠しておきたいネガティブな心情を強烈に絵に投影しています。“その気持ち分かるなぁ”とムンクの感情に共鳴した時、彼の作品に一歩近づけるはずです」

ムンク展の目玉は初来日の『叫び』、目玉が唯一ないバージョン│NEWSポストセブン
 世界的に有名な『叫び』を描いた巨匠、エドヴァルド・ムンク(ノルウェー)の美術展が10月27日から東京都美術館にて開催される。  今回の『ムンク展』は、初期の代表作から晩年の名作まで約100点が揃い…

ムンクの『叫び』にそっくりな矢部太郎も注目の『ムンク展』

誰もが知る『叫び』を描いたノルウェー生まれの画家エドヴァルド・ムンクの大回顧展『ムンク展―共鳴する魂の叫び』が、10月27日より東京都美術館で開催される。

油彩画や版画など約100点の作品を展示し、60年に及ぶ画業に迫る。

この『ムンク展』に注目しているのが、お笑い芸人の矢部太郎だ。

ムンクの『叫び』にそっくりな矢部太郎も注目の『ムンク展』│NEWSポストセブン
 誰もが知る『叫び』を描いたノルウェー生まれの画家エドヴァルド・ムンクの大回顧展『ムンク展―共鳴する魂の叫び』が、10月27日より東京都美術館で開催される。油彩画や版画など約100点の作品を展示し、6…

高田純次『じゅん散歩』初海外!ムンク名画を前に“テキトー節”さく裂

オスロは数多くのアートギャラリーに加え、国民的画家、ムンクを輩出した芸術の街。デザイン系専門学校出身で、宝石デザイナーとしても実績のある高田は、今月27日に東京・上野の東京都美術館で開幕する「ムンク展-共鳴する魂の叫び」に向けて初来日が決まったテンペラ・油彩画の「叫び」を求めて、ムンク美術館へ向かった。

番組内でもイラストを披露するなど絵心のある高田は一足先に「叫び」を鑑賞し、「意外と小さかったね。オレもその気になれば描けるかなと思った」とニヤリ。他のムンク作品の感想を問われると「だいたい女性の裸か自画像なので、まぁムンクはナルシストだってことだね」と笑わせた。

高田純次『じゅん散歩』初海外!ムンク名画を前に“テキトー節”さく裂
 タレント、高田純次(71)が出演するテレビ朝日系「じゅん散歩」(月~金曜前9・55)が番組史上初の“海外散歩”を敢行したことが8日、分かった。ノルウェーの首都・オスロを訪れ、同国出身の画家、ムンクの世界的名画「叫び」などを鑑賞。デザイン系専門学校出身で絵心のある高田は「オレもその気になれば描けるかな(笑)」と“テキト...

声優・福山潤インタビュー これまでにない仕上がりの『ムンク展』音声ガイド、収録を通して感じた人生観とは?

2018年10月27日(土)~2019年1月20日(日)まで、東京都美術館にて開催される『ムンク展―共鳴する魂の叫び』。本展の音声ガイドを、声優の福山潤が担当する。

美術展の音声ガイドは今回が初挑戦だという福山に、展覧会の見どころやアートへの思い入れ、声優業に込める想いなど、たっぷりと語ってもらった。

声優・福山潤インタビュー これまでにない仕上がりの『ムンク展』音声ガイド、収録を通して感じた人生観とは? | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス
2018年10月27日(土)~2019年1月20日(日)まで、東京都美術館にて開催される『ムンク展―共鳴する魂の叫び』。本展の音声ガイドを、声優の福山潤が担当する。美術展の音声ガイドは今回が初挑戦だという福山に、展覧会の見どころやアートへの思い入れ、声優業に込める想いなど、たっぷりと語ってもらった。 母の影響で、幼い...

「ムンク展―共鳴する魂の叫び」とソニーがコラボ“名画×ヘッドホン”

今月27日から東京・上野の東京都美術館で開催される「ムンク展―共鳴する魂の叫び」とソニーの最新ワイヤレスヘッドホンが異色のコラボを展開することになった。

同展ではムンク美術館が所蔵する油彩・テンペラ画の「叫び」が今回初来日。約60年にわたるムンクの画業を振り返り、多様かつ複雑な内面にも迫っていく。

今回のコラボはノルウェーのオスロ市立ムンク美術館の許可を得て新たに描き起こされた油彩画「浸り」に、来日を歓迎するおもてなしの品として提供されたソニーの最新ワイヤレスヘッドホンを装着、あまりの性能の良さから穏やかな表情で静寂の中の音楽に浸る人物が描かれている。

「ムンク展―共鳴する魂の叫び」とソニーがコラボ“名画×ヘッドホン” - スポニチ Sponichi Annex 芸能
 今月27日から東京・上野の東京都美術館で開催される「ムンク展―共鳴する魂の叫び」とソニーの最新ワイヤレスヘッドホンが異色のコラボを展開することになった。

ムンクの「叫び」など100点来日 秋に上野で大回顧展

秋の大回顧展は、100%ムンク――。東京・上野の東京都美術館で10月に始まる「ムンク展――共鳴する魂の叫び」に並ぶ約100点は、すべてがノルウェーの国民的画家エドワルド・ムンク(1863~1944)の作品で、強烈な感情を表現した世界を満喫できる。中でも注目は、初来日となる「叫び」だ。

ムンクの「叫び」など100点来日 秋に上野で大回顧展:朝日新聞デジタル
 秋の大回顧展は、100%ムンク――。東京・上野の東京都美術館で10月に始まる「ムンク展――共鳴する魂の叫び」に並ぶ約100点は、すべてがノルウェーの国民的画家エドワルド・ムンク(1863~1944)…

ムンクの「叫び」、上野で会える 来年秋に回顧展

ノルウェーを代表する画家エドワルド・ムンク(1863~1944)の代表作「叫び」などを紹介する回顧展が来年秋、東京・上野の東京都美術館で開かれることが27日決まった。

ノルウェーにあるムンク美術館のスタイン・ヘンリクセン館長と、主催する朝日新聞社の渡辺雅隆社長が合意書に調印した。

来年秋に展示される「叫び」は今回が初来日。油彩・テンペラ画で、1910年に描かれたという説がある。

このほか、同館が所蔵するムンクの油彩画や版画、素描など計約100点が出品される。会期は2018年10月27日~19年1月20日の予定。

https://www.asahi.com/articles/ASK6W45CHK6WUCVL00Q.html

名画だって動くんです。ムンクの叫びが可動式フィギュアになって予約販売開始!

誰もが一度はみたことがあるであろう、ノルウェーの画家、エドヴァルド・ムンクが1893年に制作した『叫び(スクリーム)』。

 これは幼少期に母親を亡くし思春期に姉を亡くしたムンクが、「愛」と「死」とそれらがもたらす「不安」をテーマとして制作した、「フリーズ・オブ・ライフ(生命のフリーズ)」と呼ばれる作品のうちの一作であり、『叫び』はその中でも最も有名な作品である。

 有名なもんだからいろんなネタとして使用されているわけだが、そんな中、関節パーツで手や腰が動く可動式ムンクのフィギュアが発売になったそうだ。

名画だって動くんです。ムンクの叫びが可動式フィギュアになって予約販売開始! (2016年11月7日) - エキサイトニュース
誰もが一度はみたことがあるであろう、ノルウェーの画家、エドヴァルド・ムンクが1893年に制作した『叫び(スクリーム)』。これは幼少期に母親を亡くし思春期に姉を亡くしたムンクが、「愛」と「死」とそれらが...

美術芸人が指摘した「豊田氏の暴言を象徴する名画」とは

美術芸人としても活動が活発な社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」の福本ヒデ(46)が芸術の秋、永田町にちなんで名画をパロディー風に紹介した。

美術関係の講演も多い福本は昨秋、小池百合子東京都知事や解散したSMAPにふさわしい絵画を紹介。

今秋は、永田町を揺るがせた“主役”の1人である豊田氏を連想させる作品として、来秋に東京都美術館で日本初展示されるムンクの「叫び」を挙げた。

美術芸人が指摘した「豊田氏の暴言を象徴する名画」とは

ユーモアあふれるペンギンと名画 長崎ペンギン美術館

食卓を囲むのはイエスと12人の使徒、ではなく、13羽のペンギン!

誰もが一度は目にしたことがあるような名画の中にペンギンが入り込んだユニークな美術展が長崎ペンギン水族館(長崎市宿町)で開かれている。

その名も「ペンギン美術館」。28日まで。

レオナルド・ダビンチの名画「最後の晩餐(ばんさん)」を模して描かれたのは、「ペンギンたちの最後の晩餐(ばんさん)」。

ムンクの「叫び」は「ペンギンの叫び」、「風神雷神図[\風(びょうぶ)」は「風ペン雷ペン」といった具合に、クスッと笑えるタイトルに。

ユーモアあふれるペンギンと名画 長崎ペンギン美術館:朝日新聞デジタル
 食卓を囲むのはイエスと12人の使徒、ではなく、13羽のペンギン! 誰もが一度は目にしたことがあるような名画の中にペンギンが入り込んだユニークな美術展が長崎ペンギン水族館(長崎市宿町)で開かれている。…

『教えてもらう前と後』 「知る喜び」が視聴者を刺激

ムンクの「叫び」という絵画は口元に手をあてているのではなく、耳をふさいでいる絵であり、さらに、キャンバスに薄く残っている「この絵は狂人にしか描けない」という殴り書きがムンク本人のものだという一説がある。

『教えてもらう前と後』 「知る喜び」が視聴者を刺激|エンタメ!|NIKKEI STYLE
MBS・TBS系のバラエティー『教えてもらう前と後』が硬派な内容ながら視聴率が好調だ。報道などでよく目にする1枚の写真やVTRを「世界がガラリと変わる」を合言葉に専門家が独自の視点で解説。知ることに喜びを感じる視聴者に刺さっている。2016年12月と、17…

ムンクが描いた貴重な肖像画を公開、ゴッホ美術館

オランダ・アムステルダム(Amsterdam)のゴッホ美術館(Van Gogh Museum)は23日、ビンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)と同時代の画家、エドバルト・ムンク(Edvard Munch)が描いた肖像画を公開した。オランダで展示されるムンク作の肖像画としては唯一のものだ。

ムンクが描いた貴重な肖像画を公開、ゴッホ美術館
【1月24日 AFP】オランダ・アムステルダム(Amsterdam)のゴッホ美術館(Van Gogh Museum)は23日、ビンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)と同時代の画家、エドバルト・ムンク(Edvard Munch)が描いた肖像画を公開した。

ムンクの「叫び」、菓子になる 「キモかわいい」と人気

世界の名画の複製陶板が並ぶ大塚国際美術館(徳島県鳴門市)のお土産に、ムンクの代表作「叫び」をかたどった「ムンクの阿波和三盆」が登場した。

 怪しい名画15点にまつわる怖い逸話を紹介する企画展に合わせた商品。「キモかわいい」と人気に火がつき今は1日30箱限り(税込み756円)の販売だ。

https://www.asahi.com/articles/ASK833DMXK83PUTB002.html