分裂して誕生したビットコインゴールド(BTG)情報のまとめ

お金・資産運用
スポンサーリンク

ビットコインゴールド(BTG)記事一覧

ビットコインがまたも分裂–新生「ビットコインゴールド」の正体

およそ12万円――ビットコインの2017年1月1日時点の取引価格である。この時はまだ、仮想通貨は知る人ぞ知る技術であった。その後、事業者の努力やメディアの注目によりビットコインの認知度は高まり、今や取引価格にして60万円を超え、70万円にチャレンジする勢いである。

この躍進に貢献したイベントとして記憶に新しいのが、8月のビットコインキャッシュのハードフォークであり、その折には資産を増やした読者も多いと思う。

そして今秋、ビットコインはさらに2回のハードフォークを重ね、合計で4つに増える予定だ。

ビットコイン(以下、BTC)、ビットコインキャッシュ(以下、BCH)、ビットコインゴールド(以下、BTG)、SEGWIT 2X(以下、B2X)である。

ビットコインがまたも分裂--新生「ビットコインゴールド」の正体
ビットコインのハードフォークが10月24日に開始された。新たに誕生する「ビットコインゴールド」の正体について解説する。

ビットコインゴールド、付与は11月1日以降

仮想通貨のビットコインから新通貨「ビットコインゴールド(BTG)」を分裂させる作業が24日始まった。

分裂は8月に「ビットコインキャッシュ(BCH)」が生まれたのに続き2度目。

日本の仮想通貨取引所は取引の安定性・安全性を確認したうえでBTGを付与する方針で、投資家の手元に届くのは11月1日以降になりそうだ。

ビットコインゴールド、付与は11月1日以降
仮想通貨のビットコインから新通貨「ビットコインゴールド(BTG)」を分裂させる作業が24日始まった。分裂は8月に「ビットコインキャッシュ(BCH)」が生まれたのに続き2度目。日本の仮想通貨取引所は取引の安定性・安全性を確認したうえでBTGを付与する方針で、投資家の手元に届くのは11月1日以降になりそうだ。ビットコインは...
スポンサーリンク

ビットコインゴールドに対する各取引所の対応と影響

本日、ビットコイン・ゴールド(BTG)が分岐した。

ビットコインの491407個目のブロックより予定通り分岐が行われた。

ここでは、国内外の取引所のBTGに対する対応をまとめてみたい。

それぞれの取引所では基本方針として、付与の有無を公表をしている。

またそれぞれの取引所の対応が及ぼす影響についても触れてみたい。

ビットコインゴールドに対する各取引所の対応と影響 | ビットバンク マーケット情報
タイトルとURLをコピーしました