Apple iPhone7/7 Plusの機能・iphone6との比較・裏技・iPhoneケース・イヤホン・充電器等の関連記事

Apple iPhone
スポンサーリンク

iPhone7のiPhoneケース

天然素材のiPhoneケースで手触りや香りまでこだわりたい!

いまや日常に欠かせないスマートフォン。毎日手にするスマホケースは、機能性はもちろんですが、本当に気に入ったもの、人となるべく被らないものを選びたいですよね。

スロベニア製のiPhone7用ケース「MMORE(エムモア)」は花や草などの天然素材を活かした世界にふたつとないデザインのスマホケース。

その素材の触り心地を楽しめ、さらに香りまで感じられる、斬新なアイテムです。

無機質なスマホケースに自然のぬくもりを採り入れた「MMORE」。

スロベニアの小さな工房で素材選びから作成、箱詰めにいたるまで丁寧に作られているこのケースは<Coffee><Roses><Jasmine><Alpine Hay><Skelrton Leaves>の5種類で、それぞれPU(ポリウレタン)と樹脂で作られたケースの背面に、コーヒー豆、ローズ、ジャスミン、アルプス草、インドゴムの葉といった天然素材をあしらっています。

コーヒー豆や乾燥させた花弁や草を敷きつめたり、葉の葉脈などをそのまま活かしたりと、デザインは実に独特でオシャレ。

素材そのものの凹凸の感触を、指先で触って楽しめます。


ROOT、MILスペック取得の耐衝撃ケースにiPhone7 Plus用を追加

GRAVITY Shock Resist Case Pro ROOT株式会社は、耐衝撃iPhoneケース「GRAVITY Shock Resist Case Pro.」に、iPhone7Plus用を新たに追加した。

同製品は、MILスペック取得のiPhone7Plusカバー。

アウトドアテイストを取り入れながらも、スタイリッシュなデザインを実現した。

背面のアップルマークが見えるポートホールは、砂・埃・傷から守る二重仕様となっている。

耐傷性・耐熱性に優れたポリカーボネートと、落下衝撃吸収力に富んだTPUの2層構造で、ケース背面にはメタルプレートを内蔵し、マグネットタイプのカーマウントやスタンドなどに対応する。

ストラップホールも付いており、落下防止のストラップなどを取り付けられる。

また、カラビナでベルトループやバックパックに直接取り付けることもできる。 ROOT株式会社
価格:4500円(税抜)
URL:http://root-co.net/gravity/
記事の続きはコチラ


世界で話題のハンドスピナーが合体! ユニークなiPhone 7ケースが登場

なんとハンドスピナーを取り付けられるという、ユニークなiPhoneケース「着脱できる!ハンドスピナー付き iPhone7バックカバーケース」がイケショップに入荷している。価格は1480円(税抜)だ。

なんと背面にハンドスピナーを取り付け、いつでも回せるというユニークなiPhoneケースが発売。

回さない時はグリップに使えるなど、バンカーリング的なメリットもアリ?

海外で大ヒットとなり、今やすっかり日本でも話題になっているハンドトイのハンドスピナー。

なんとそのハンドスピナーとiPhoneを合体させるという、奇想天外なiPhoneケース。

製品にはハンドスピナーに加えて、スピナーを取り付ける粘着タイプのベースとカバーケースが同梱。

カバーケース背面にベースを貼り付け、六角形の凹みにハンドスピナーを取り付けられる。

これでiPhoneと一緒に、いつでもどこにでもハンドスピナーを持っていけるというワケだ。
記事の続きはコチラ


iPhone7の充電器

ワイヤレス充電しながら使える新発想

iPhone7、6S、6シリーズに対応
通常のワイヤレス充電器は「置くだけで充電ができる」のがウリだ。

しかし裏を返せば「置かなければ充電ができない」ともいえる。

使いたいときこそバッテリー残量がない、充電しながら使いたい、それを解決したのがスロベニア発スマホアクセサリーブランド「XVIDA」のワイヤレス充電器(ホーム用マルチタイプ)だ。

コンセントから電源を取り、付属のACアダプターとUSBケーブルでワイヤレス充電器本体に給電。

iPhoneに専用の充電ケースを取り付け、マグネットで充電器とくっつける仕組みだ。

充電器本体は背面にもマグネットを備えており、台座にもくっつく。

両面テープのような、剥がせる粘着性の素材で、壁など任意の場所に接着できる。

充電器本体はコンパクト設計のため、台座以外の部分を持っておけば外出時でもワイヤレス充電が可能になっている。

iPhoneを使用しないときには、台座に固定された状態のワイヤレス充電器本体にiPhoneをくっつけておけば、そのままの状態で充電可能。

専用ケースはiPhone7シリーズとiPhone6シリーズに対応する2種類をラインナップ。

通常のライトニングケーブルと変わらない充電スピードだという。

ケースの外側にはライトニングポートを搭載し、ケースを取り外すことなくワイヤレスでもライトニングケーブルでも充電できる。(7用ケースのみ)

充電器は、ホーム用とデスクスタンド型、車載用の3モデルを展開。ホーム用はホワイトとブラックの2色、デスクスタンド型はシルバー、ブラック、ローズゴールドの3色が用意されている。
記事の続きはコチラ


タイトルとURLをコピーしました