【学費の支払いが困難な方 必見!】返済義務のない給付奨学金(支給金額/条件/必要書類)

健康と医学

新型コロナウイルスの影響で学費の支払が困難な方におすすめの独立行政法人 日本学生支援機構(JASSO)の給付奨学金情報をまとめました。

なお、本記事は、日本学生支援機構(JASSO)が新型コロナウイルス感染症に係る影響を受けて家計が急変した方への支援として、一般公開している給付奨学金案内-家計急変-資料を参考に作成しました。

原則として返還義務のない奨学金ですので、是非御参考にして頂ければと思います。

スポンサーリンク

給付奨学金情報

基本情報

申込時期

通常、毎年春・秋に奨学生の募集を行っています。

ただし、家計急変の場合は、通年で申込を受け付けています。

なお、急変事由が発生した日から、3か月以内に申し込んでください。

支給される金額

急変後の世帯の所得金額の見込みに基いて判定された支援区分に応じ、国公立・私立、自宅通学・自宅外通学等により金額が決まります。

詳細は、以下の画像を参照ください。

スポンサーリンク
一般

日本学生支援機構(JASSO) 給付奨学金(一般)

通信教育

給付奨学金(通信教育)

詳細情報

給付金額の詳細は、以下のページにて御確認ください。

支給額

支給方法

取扱い金融機関

給付奨学生である申請者本人名義の口座に毎月振り込まれます。

奨学金の申込みまでに、以下の表にある利用可能な口座を開設しておく必要がありますので、注意しましょう。

日本学生支援機構(JASSO) 取扱い金融機関

スポンサーリンク
奨学金振込日

日本学生支援機構(JASSO) 奨学金振込日

奨学金の振込日は上の図の通りです。

対象機関

国・地方公共団体から対象となることの確認を受けた学校が対象となります。

対象となるかどうかは、以下のページにて確認可能です。

高等教育の修学支援新制度 学びたい気持ちを応援します:文部科学省
高校等の生徒のみなさん。大学等に進学して勉強したいのに授業料や生活費など、お金が心配で進学しようかどうか迷っていませんか。学びたい気持ちを経済的にしっかりと支える法律が成立しました。

支給対象者

申請者と生計維持者の収入・資産を確認後、支給対象かどうか決まります。

申込書類

申請者と生計維持者の以下の書類の提出が必要となります。

  • マイナンバー関係書類
  • 給付奨学金確認書
  • 給付奨学金申請書(証明書類を含む)
  • 急変後の所得に関する書類等

詳細情報

家計急変時の給付奨学金の詳細な情報については、以下の資料を御参考にして頂ければと思います。

給付奨学金案内-家計急変-資料

関連記事

新型コロナ 県内大学が学生支援 給付型奨学金新設など /兵庫

新型コロナウイルスの影響で学校の休校が続く中、県内の大学などでは、困窮した学生への給付型奨学金の新設や、オンライン授業に必要なパソコンなどの購入費や通信費を補助するための支援金緊急給付など、学生を経済的に支える動きが広がっている。

新型コロナ 県内大学が学生支援 給付型奨学金新設など /兵庫 - 毎日新聞
 新型コロナウイルスの影響で学校の休校が続く中、県内の大学などでは、困窮した学生への給付型奨学金の新設や、オンライン授業に必要なパソコンなどの購入費や通信費を補助するための支援金緊急給付など、学生を経済的に支える動きが広がっている。

コロナ破綻におびえる家庭の「奨学金」活用術、我が子の進学を諦めない!

春先から日本を襲った思いもよらない新型コロナウイルス騒動により、家計に大きな不安を抱える世帯が続出している。

気になる人は、学校開催の奨学金説明会などでしっかり情報収集しておこう。

コロナ破綻におびえる家庭の「奨学金」活用術、我が子の進学を諦めない!
2020年度から、経済的な理由で進学を悩んでいた家庭を支援する大きな施策がスタートした。「高等教育の無償化」という名前で、返済不要の「給付型奨学金の支給」と、「入学金・授業料の減免」の2本柱の制度だ。とりわけ、春先から日本を襲った思いもよらない新型コロナウイルス騒動により、家計に大きな不安を抱える世帯が続出している。気...

関西学院大、特別奨学金の支給対象1000人に

関西学院大学は1日、新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、上限40万円で返済不要の特別支給奨学金の支給対象を年間15人から1000人に拡充すると発表した。

関西学院大、特別奨学金の支給対象1000人に
関西学院大学は1日、新型コロナウイルスの感染拡大に対応し、上限40万円で返済不要の特別支給奨学金の支給対象を年間15人から1000人に拡充すると発表した。併せて就職後に年収400万円以上になってから

コロナで家計急変 入学金・授業料減免 給付制奨学金利用を

新型コロナウイルスの感染防止策の影響で収入が減り「学費が払えない」という悲鳴があがっています。

学費を払っている保護者の1カ月の収入が、共働きで月40万円程度、ひとり親で月30万円程度になった場合、入学金・授業料免除と給付制奨学金を合わせて申し込めます。

コロナで家計急変/入学金・授業料減免 給付制奨学金利用を

学費減免など求める署名活動 160大学に広がる 新型コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大でアルバイト収入が途絶え経済的に追い込まれた大学生が授業料の減免などを求める署名活動が全国160以上の大学で広がっていることがNHKの調べで分かりました。

大学側が独自に給付金を支給するなどの動きも出ていますが、専門家は「このままでは新型コロナウイルスの影響で未来を奪われる若者が続出しかねず、国や自治体による支援をさらに拡充すべきだ」と指摘しています。

学費減免など求める署名活動 160大学に広がる 新型コロナ | NHKニュース
【NHK】新型コロナウイルスの感染拡大でアルバイト収入が途絶え経済的に追い込まれた大学生が授業料の減免などを求める署名活動が全国1…

バイト解雇、オンライン就活、変わらぬ授業料…コロナで大学生SOS

「アルバイトの収入がゼロになった」「授業料が重荷」-。新型コロナウイルスの感染拡大で生活が苦しくなった大学生から「あなたの特命取材班」にSOSが相次いでいる。

大学によっては緊急支援金を出すケースはあるが、あくまで一時的なもの。緊急事態宣言の延長が決定的となる中、「このままでは学生生活が成り立たない」と、若者たちは苦悩を深めている。

バイト解雇、オンライン就活、変わらぬ授業料…コロナで大学生SOS
「アルバイトの収入がゼロになった」「授業料が重荷」-。新型コロナウイルスの感染拡大で生活が苦しくなった大学生から「あなたの特命取材班」...

<新型コロナ>学費減額運動 100大学に拡大 「生活苦しい…授業受けられない学生いる」

新型コロナウイルスの感染拡大の影響でアルバイト先を失うなど生活苦に追い込まれた大学生らによる学費減額運動が全国で拡大、対象の大学は二十六日時点で百校になった。

これまでに十校以上が給付金などの支給に乗り出したが、経営を圧迫する学費の減額には消極的だ。

安倍晋三首相が学生の支援に意欲を表明しており、国による早期の対応を求める声が強まっている。

<新型コロナ>学費減額運動 100大学に拡大 「生活苦しい…授業受けられない学生いる」
 新型コロナウイルスの感染拡大の影響でアルバイト先を失うなど生活苦に追い込まれた大学生らによる学費減額運動が全国で拡大、対象の大学は二十六日時点で百校になった。

大学独自のコロナ給付、全国に広がる~支援制度は90校に拡大

大学としては学費減額や施設料返還にはおいそれと応じられません。

一方で、オンライン授業の対応費用などを学生に給付する方策を決める、言うなればコロナ給付を決める大学が増加しています。

大学独自のコロナ給付、全国に広がる~支援制度は90校に拡大(石渡嶺司) - Yahoo!ニュース
オンライン授業の混乱や長引く休校、それを受けて「#学費返還運動」が広がっています。これを受けてか、大学が独自に学生を支援する給付や学費減額などが延べ90校と全国に広まっています。

学費減額を 1万人の署名提出 大学生らのグループ 新型コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大でアルバイト収入が減り、経済的に追い込まれる学生が増えていることから、大学生などのグループがインターネット上で学費の減額などを求めるおよそ1万人分の署名を集め、30日、文部科学省に提出しました。

学費減額を 1万人の署名提出 大学生らのグループ 新型コロナ | NHKニュース
【NHK】新型コロナウイルスの感染拡大でアルバイト収入が減り、経済的に追い込まれる学生が増えていることから、大学生などのグループが…

コロナで困窮する大学生、国は救済してくれないのか

国立大学の授業料減免の目的が、「新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、意欲のある学生が、経済的理由により修学を断念することがないよう、国立大学が行う授業料減免を支援する」となっており、私立大学授業料減免支援に関しては、「新型コロナウイルスの影響により家計が急変した家庭の学生に対して、授業料減免等を実施した大学等に対し、私立大学等経常費補助金により所要額の一部を補助(補助率1/2)」とある。

国立と私立を合わせてわずか7億円である。これはあまりに少額であり、焼け石に水にすらならない。

石はずっと焼け続けるであろう。ほとんどの学生にとって、この援助では役に立たない。

コロナで困窮する大学生、国は救済してくれないのか あまりに少ない予算措置、このままでは大量の中退者を生むことに | JBpress(Japan Business Press)
コロナの影響で経済的苦境に立たされる大学生が急増している。主なアルバイト先である飲食店などの営業自粛が続いていることも影響している。かといって大学自体には全学生の学費を免除するような財政的余裕はない。このままでは、大量の退学者を生むことになってしまう。
タイトルとURLをコピーしました