【5年前に新型コロナウイルスの蔓延を予言!】ビル・ゲイツ氏が5年前に語ったTED動画とは?

健康と医学

マイクロソフト創業者のビル・ゲイツが、5年も前に現在流行している新型コロナウイルスをTEDで予言していたという情報をまとめました。

ビル・ゲイツ氏本人が語る日本語付きのTEDのYoutube動画も御紹介していますので、是非御参照くださいね!

スポンサーリンク

ビル・ゲイツ氏が5年前に語った情報

ビル・ゲイツ: もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら?私たちの準備はまだ出来ていない

2014年、世界はエボラの恐ろしい更なるアウトブレイクを免れる事が出来ました。

何千人もの自らの犠牲を惜しまない医療従事者達の努力により―そして、率直に言えば単にとても幸運だったお陰で。

事態を振り返って、私たちにはもっとやるべきだった事が分かっています。

アウトブレイクのシナリオに沿った計画立案からワクチンの開発、そして医療従事者達のトレーニング―ビル・ゲイツは今こそがあらゆる最善の方法やアイデアを実現する時だと訴えます。

「パニックに陥る必要はありません―でも今、始めなければならないのです。」

The next outbreak? We’re not ready | Bill Gates
スポンサーリンク

関連記事

ビル・ゲイツ、過去のTEDでの発言が話題に!「最大の脅威は戦争ではなく疾病のパンデミック」

今回のようなウイルス性のパンデミックを過去に予言していたとネットで話題なっている。

5年前、同氏が「TED」で講演を行った際、症状が顕在化しない罹患者が移動を続けることにより、疫病が国境をすり抜け可能であることや、それに伴いパンデミックが生じること、各国の指導者に対して疫病のパンデミックに備えるよう呼びかけていた。

特に、我々人類にとっての最大の脅威が戦争ではなくウイルスだとの言葉は印象的。

一千万人以上がウイルス性疾患で命を落とす可能性があるとしていた。

ビル・ゲイツ、過去のTEDでの発言が話題に!「最大の脅威は戦争ではなく疾病のパンデミック」 | RBB TODAY
マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏が、新型コロナウイルスに効果が期待できるワクチンを製造する工場に対して、自身の財団を通じて資金を支援したことが話題になっている。
スポンサーリンク

Bill Gates(ビル・ゲイツ)は新型コロナウィルスを4年前に指摘していた…!?

アメリカ出身、マイクロソフトの共同創業者として知られるBill Gates(ビル・ゲイツ)が、四年前の時点で新型コロナウィルス を予兆するかのような発言をしていたという話が話題となっている。

Bill Gates(ビル・ゲイツ)は新型コロナウィルスを4年前に指摘していた...!?
Bill Gates(ビル・ゲイツ)は新型コロナウィルスを4年前に指摘していた...!?

ビル・ゲイツ氏、新型コロナウイルスのような感染症の流行は「約20年ごと」に起こるだろうと警告

ゲイツ氏は、新型コロナウイルスのような世界的な公衆衛生上の危機が1年もかからずに3000万人の命を奪う可能性があるとして、何年も前からパンデミックの危険性について警鐘を鳴らしてきた。

2015年には、世界は今にも起こり得るパンデミックに「準備ができていない」とTEDトークで警告した。

「パニックに陥る必要はない…… だが、わたしたちは急ぐ必要がある」とゲイツ氏は2015年に語っていた。

ビル・ゲイツ氏、新型コロナウイルスのような感染症の流行は「約20年ごと」に起こるだろうと警告
マイクロソフトの共同創業者で慈善家のビル・ゲイツ氏は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のような感染症の流行が今後「約20年ごとに」起こ...
スポンサーリンク

ビル・ゲイツ「新型コロナ予言」の背景を徹底解説! エボラ、SARS、疑惑のスピーチ…事実ベースに陰謀論を読み解く

いまやアメリカは、感染者数で世界最大となっており、ビル・ゲイツはパンデミックをいち早く予言した人物としてニュースメディアのご意見番となっている。

その理由は、2015年、TEDという公開トークイベントで、ビル・ゲイツが「The next outbreak? We’re not ready(もし次の疫病大流行[アウトブレイク]が来たら? 私たちの準備はまだ出来ていない)」というスピーチを行ったことにある。

そのスピーチの内容が、まさに今現在起こっている新型コロナウイルスによるパンデミックを予言していたのだ。

すでにTEDのホームページなどで内容を確認済みの読者もいるだろう。

ビル・ゲイツ「新型コロナ予言」の背景を徹底解説! エボラ、SARS、疑惑のスピーチ…事実ベースに陰謀論を読み解く - TOCANA
新型コロナウイルス騒動、いつになったら終わるんだ! 過剰な情報洪水にコロナ疲れにいたっている人たちも多いだろう。そんなときこそ、ケロッピー前田がカウンター視点で巷のニュースを相対化、いまを生き抜くためのヒントやアイディアをお届けしたい。合言葉はひとつ、ただひたすらに生き残れ! 今後数回にわたって「新...

ハッカー集団「アノニマス」が、「疫病のノストラダムス」と呼ぶビル・ゲイツに書簡

ゲイツ氏はかつてTED Talkで、私たちが心配せねばならないものについて、「ミサイルではなく、疫病です。私たちは次のパンデミックに対する備えができていない」と語っていた。

ハッカー集団「アノニマス」が、「疫病のノストラダムス」と呼ぶビル・ゲイツに書簡 (2020年4月4日) - エキサイトニュース
ついに世界の感染者数累計が100万人を突破してしまった新型コロナウイルス。世界中の研究者がその治療薬やワクチンの開発に懸命に取り組んでおり、あのビル・ゲイツ氏もその支援に乗り出している。ゲイツ氏は数年...

ビル・ゲイツ氏、5年前の講演で「ウイルス大流行」を警告

新型コロナウイルス事態を事前に予想したようなビル・ゲイツ米マイクロソフト(MS)創業者(写真)の過去の発言が注目を集めている。

彼は2015年、オンライン知識コンファレンス・テッド(TED)で、「今後数十年以内に1000万人以上を死なせるものがあるとするなら、それは戦争というよりは、高い伝染性のウイルス性疾患である確率が非常に高い」と語った。

さらに「私たちは核兵器の抑止には膨大なお金を注ぎ込んだが、伝染病を防ぐシステムにはほとんど投資しなかった。次に迫る伝染病について私たちは準備ができていない」と付け加えた。

ビル・ゲイツ氏、5年前の講演で「ウイルス大流行」を警告
5年前に新型コロナウイルス感染症の事態を予見した人がいる?新型コロナウイルス事態を事前に予想したようなビル・ゲイツ米マイクロソフト(MS)創業者(写真)の過去の発言が注目を集めている。彼は2015年…

5年前に「次の疫病大流行」を危惧していたビル・ゲイツ氏、新型コロナに関する31の問に答える

2015年、ビル・ゲイツ氏がTED TALKにて講演した「The next outbreak? We’re not ready(もし次の疫病大流行(アウトブレイク)が来たら?私たちの準備はまだ出来ていない)」がまさに現在世界を股にかけたパンデミックと重なっていると話題になっています。

同講演では、私たちの世代が最も恐れ準備を進めるべきなのは「戦争による核爆弾」ではなく「空気感染するウイルス」であることが論じられています。

エボラウイルスがアフリカ大陸で蔓延した事例を基に、いずれ近い未来に起こり得る世界的パンデミックへの対抗策を今すぐに始めなければならない、また、エボラウイルスは空気感染しないかったのは偶然的なだけで、いつ空気感染するウイルスがアウトブレイクするかは未知なことを理解しなければならないと強調しています。

5年前に「次の疫病大流行」を危惧していたビル・ゲイツ氏、新型コロナに関する31の問に答える

人類は生物兵器の廃絶に向けて動き出すべき

ビル・ゲイツ氏は2015年の「TED Talk」の講演で、「もし1千万人以上の人が次の数十年で亡くなるようなことがあるとすれば、それは戦争というよりはむしろ感染性の高いウィルスが原因の可能性がある」と訴えた。

だが、残念なことにその提言は、正しく受け止められてきたとは言えなかった。

人類は生物兵器の廃絶に向けて動き出すべき | ザ・リバティWeb/The Liberty Web
《本記事のポイント》北朝鮮や中国は生物兵器の軍民両用の性質を利用して生物兵器を開発かローコストでかつ殺傷力の高い生物兵器

新型肺炎を予知か。2015年にビル・ゲイツが各国に出していた警告

ビル・ゲイツが2015年に行った TEDスピーチ(「Bill Gates: The next outbreak? We’re not ready」)が、まるで今回の事件の予言のようだということが話題になっています。

ビル・ゲイツは、それほど被害が広まる前に沈静化に成功した「エボラ熱」と比べ、感染した人が自覚症状もないままに他の人に病原菌を広げてしまうような伝染病の方がずっと怖く、そのための準備をしておくべきだと各国政府に警告していたのです。

新型肺炎を予知か。2015年にビル・ゲイツが各国に出していた警告 - まぐまぐニュース!
日本各地で感染者発見が相次ぎ、「新たな段階に入った」とされる新型肺炎問題。世界的大流行も懸念されていますが、かつてMicrosoftと関わっていた方々の間で、ビル・ゲイツ氏の「2015年の予言」が話題となっているようです…
タイトルとURLをコピーしました